テレビを断捨離。HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順_その3表示編

テレビを断捨離するのにノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示させる!その3表示編

これまでにノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示させるためにHDMIキャプチャの調査と購入をしました。

そして、購入したHDMIキャプチャの内容物の確認と接続、さらに最初のノートPC設定を実施しました。

今回は購入した「USB3.0超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」を使ってニンテンドースイッチのゲーム画面を表示してみます。


【関連記事】【HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順】

>>【その1調査編】はこちら


>>「USB3.0超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」はこちら

スポンサーリンク

「超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」とニンテンドースイッチを接続する

まあ、別に特別なことは何もないです。

ニンテンドースイッチのドックのHDMIケーブルを、テレビのHDMI端子に接続していた代わりに「ezcap266」のINを書かれているほうの端子に接続します。

ニンテンドースイッチと「ezcap266」を接続する
ニンテンドースイッチと「ezcap266」を接続する

これだけです・・・。

OBS Studioをインストールして設定する

「OBS Studio」は無料のライブ配信ソフトのようです。

ユーザーマニュアルにもOBS Studioでの設定について記載されていますが画面の絵が英語なので、とりあえずネットで調べて他のブロガーさんが記事にされているのを見ながら設定してみます。

公式サイトからダウンロードします。

>>「OBS Studio」公式サイトはこちら

自分のノートPCはWindos10なので、Windows版のボタンをクリックしてファイルをダウンロードして、そしてインストールしました。

(1)起動とソースの追加

PCのデスクトップに「OBS Studio」のアイコンができたので起動します。

「OBS Studio」のショートカットアイコン
「OBS Studio」のショートカットアイコン

起動した画面の下のほうに「ソース」という項目があります。

ここにマウスカーソルを合わせて右クリックします。

そして、「追加」から「映像キャプチャデバイス」を選びます。

「追加」から「映像キャプチャデバイス」を選ぶ
「追加」から「映像キャプチャデバイス」を選ぶ

(2)ソースの作成

「ソースを作成/選択」のウィンドウが表示されました。

「新規作成」の項目に好きな名前を入力して「OK」ボタンをクリックします。

自分は「ゲーム」と名前を付けました。

「新規作成」の項目に好きな名前を入力する
「新規作成」の項目に好きな名前を入力する

すると「プロパティ」のウィンドウが表示されます。

デバイスの項目には「ezcap U3 capture」がデフォルトでありました。

デバイスの項目に「ezcap U3 capture」がある
デバイスの項目に「ezcap U3 capture」がある

(3)プロパティを設定する

「プロパティ」のウィンドウの下のほうに「音声出力モード」の項目があります。

ここで「デスクトップ音声出力(DirectSound)」か「デスクトップ音声出力(WaveOut)」のいずれかを選びます。

自分はとりあえず「デスクトップ音声出力(DirectSound)」を選びました。

そして、「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを付けます。

最後に「OK」ボタンをクリックします。

音声出力モードの設定と「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックする
音声出力モードの設定と「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックする

これでソースの基本的な設定は出来ているはずです。

あくまでもゲーム画面をノートPCに表示させることが目的なので、配信や録画関係の設定はしません。

ニンテンドースイッチを起動して画面を表示してみる!

ニンテンドースイッチの電源を入れました。

そして、ドックにスイッチ本体を合体させました。

すると「OBS Studio」のウィンドウにスイッチの画面が表示されました!

ノートPCにニンテンドースイッチの画面が表示される!
ノートPCにニンテンドースイッチの画面が表示される!

いや~、なんか嬉しいですね~。

さらに次に進んで、今度は全画面表示にします。

赤い枠の中にマウスカーソルを合わせて右クリックします。

「全画面プロジェクター(ソース)」から「ディスプレイ1:1920x1080@0,0」を選びます。

「全画面プロジェクター(ソース)」から「ディスプレイ1:1920x1080@0,0」を選ぶ
「全画面プロジェクター(ソース)」から「ディスプレイ1:1920x1080@0,0」を選ぶ

するとノートPCの画面全体にニンテンドースイッチの画面が表示されました。

全画面表示になる!
全画面表示になる!

Joy-Conを操作すると画面の音も問題なく鳴動しています。

マウスを右クリックして「閉じる」を選ぶと全画面は閉じられます。

「閉じる」をクリックすると全画面が終了する
「閉じる」をクリックすると全画面が終了する

ノートPCの画面でニンテンドースイッチをプレイした感想

実際に下記のゲームをプレイしてみました。

【ゴーバケーション】

マリンバイクライドとバギーライドの動きのあるレース系のゲームをプレイしてみました。

バギーライドでトンネルっぽいところで、画面が暗く感じたときがあったのでノートPCの「Fn」キーを押しながら「F9」キーを押して画面を明るくすることで解決しました。

その他のプレイに関しては、特になんの問題もなく遊べました。

ノートPCに表示したゴーバケーションの画面1
ノートPCに表示したゴーバケーションの画面2
ノートPCに表示したゴーバケーションの画面3
ノートPCに表示したゴーバケーションの画面4
ノートPCに表示したゴーバケーションの画面

【スーパーマリオメーカー2】

ストーリーモードの最初のお城を建てていく画面でマリオをダッシュさせたりジャンプさせたりしました。

また、ストーリーモードのコースをいくつか遊んでみました。

こちらも特に問題なく遊べました。

ノートPCに表示したスーパーマリオメーカー2の画面1
ノートPCに表示したスーパーマリオメーカー2の画面2
ノートPCに表示したスーパーマリオメーカー2の画面3
ノートPCに表示したスーパーマリオメーカー2の画面4
ノートPCに表示したスーパーマリオメーカー2の画面

ひょっとしたら、自分が気づいていないところで表示がおかしなことになっていたかもしれません。

あくまでも個人的な感想としては、全然OKです。

ゲームをプレイしていて表示の遅延とかも感じませんでした。

そもそも自分はライトゲーマーでゲームも下手くそなので遅延とかは気になりませんね~。

また、基本的にはテーブルモードでニンテンドースイッチはプレイするので、たまに気分転換でTVモードでプレイする分には十分です。

これで、32インチのテレビを手放すのに一歩近づきました!

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

今回は「超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」を使って、実際にニンテンドースイッチの画面をノートPCに表示させてゲームをプレイしてみました。

これで、また違ったかたちでゲームを楽しめます!

>>「USB3.0超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」はこちら


【関連記事】【HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順】

>>【その1調査編】はこちら

スポンサーリンク

コメント