テレビを断捨離。HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順_その2導入編

テレビを手放すためにノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示させる!その2導入編

以前のブログ記事で、テレビを手放す過程としてノートPC用のHDMIキャプチャについての調査、Amazonで使えそうなHDMIキャプチャを購入しました。

今回は実際に購入して届いた「USB3.0超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」について見ていきたいと思います。


【関連記事】【HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順】

>>【その1調査編】はこちら


>>「USB3.0超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」はこちら

スポンサーリンク

「USB3.0超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」の箱と内容物

Amazonから届いた「超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」を見ていきます。

そこそこの大きさの黒い箱でパッケージされてました。

箱には「USB3.0 Game Capture Live Streaming」と白い文字で記載されています。

ezcap266の箱
ezcap266の箱

箱を開けると中身は下記のものが入っていました。

  • ezcap266 本体
  • USBケーブル
  • USBのType-AからType-Cに変換するアダプタ
  • クイックスタートガイド
  • ユーザーマニュアル
ezcap266 本体
ezcap266 本体
USBケーブル
USBケーブル
USBのType-AからType-Cに変換するアダプタ
USBのType-AからType-Cに変換するアダプタ
クイックスタートガイド
クイックスタートガイド
ユーザーマニュアル
ユーザーマニュアル

自分のノートPCで使うのはType-Aなので変換アダプタは使いません。

また、クイックスタートガイドは各国の言語で書かれたマニュアルなので、これも使いません。

USBバスパワーなので、電源ケーブルなどが無いのが良いですね~。

自分のノートPCに「超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」を接続する

さっそくノートPCに接続をしてみます。

とはいえ、ただUSBケーブルで挿すだけなんですけどね~。

注意するところはノートPCのUSB3.0のポートに挿すことくらいですね。

USB3.0のポートは青色なのでそこに挿せば大丈夫です。(ちなみにUSB2.0は黒ですね。)

接続すると「ezcap266」の真ん中のランプ分部が緑色に点灯しました。

ランプが緑色に点灯する
ランプが緑色に点灯する

そして、少しするとノートPC側で「ezcap266」が認識されました。

PCのデバイスマネージャーで見てみると「カメラ」のところに「ezcap U3 capture」が追加されました。

デバイスマネージャーの画面
デバイスマネージャーの画面

「超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」の設定をする

ユーザーマニュアルを見ながら「ezcap266」の設定を進めていきます。

ちなみにユーザーマニュアルは作成された当時のものなので、Windows10のアップデートなどで若干内容が違ってくると思います。

PC画面の右下のスピーカーを右クリックします。

さっそくマニュアルの記載と違いますね~。

右クリックした項目から「サウンドの設定を開く(E)」を選びます。

「サウンドの設定を開く(E)」を選ぶ
「サウンドの設定を開く(E)」を選ぶ

「設定」の「サウンド」ウィンドウが開きました。右側の関連設定の中から「サウンドコントロールパネル」をクリックします。

「サウンドコントロールパネル」をクリックする
「サウンドコントロールパネル」をクリックする

ユーザーマニュアルと同じ絵の「サウンド」のウィンドウが開きました。

「録音」のタブを選びます。

「デジタル オーディオ インターフェイス」の「ezcap U3 capture」がありますね~。

これを選んで「プロパティ」をクリックします。

「録音タブ」から「ezcap U3 capture」を選んで「プロパティ」をクリックする
「録音タブ」から「ezcap U3 capture」を選んで「プロパティ」をクリックする

新たに「プロパティ」のウィンドウが開きました。

「詳細」のタブを選びます。

「既定の形式」の項目でプルダウンの中から「2チャンネル、16ビット、48000Hz(DVDの音質)」を選びます。

「詳細」タブを選び「2チャンネル、16ビット、48000Hz(DVDの音質)」を選ぶ
「詳細」タブを選び「2チャンネル、16ビット、48000Hz(DVDの音質)」を選ぶ

ちなみにここをきちんと選ばないと、うまく音が出ないみたいです。

(自分は間違って「2チャンネル、16ビット、44100(CD音質)」の状態だったので、ゲーム画面が出たけど音が出ない状態になりました。)

そして「レベル」のタブを選んで数値を設定します。

とりあえず、適当に大きめの「79」にしておきました。

「適用」ボタンをクリックして「OK」ボタンをクリックします。

「レベル」タブを選んで数値を設定、「適用」ボタン、「OK」ボタンをクリックする
「レベル」タブを選んで数値を設定、「適用」ボタン、「OK」ボタンをクリックする

ひとまず、これでユーザーマニュアルどおりに「ezcap266」の設定は完了です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

今回はAmazonで購入した「超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」の中身の確認と最初の設定についてまとめました。

次回は画面をキャプチャするソフトをインストールして、ノートPCにニンテンドースイッチの画面を表示させてみます。

次回の【表示編】もぜひご覧ください。

>>「USB3.0超小型ビデオキャプチャーボックス ezcap266」はこちら


【関連記事】【HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順】

>>【その1調査編】はこちら

スポンサーリンク

コメント