電話応対が苦手な人の原因や理由と自分なりに編み出した根本的な解決案

電話応対が苦手な人の原因や理由と自分なりに編み出した根本的な解決案

インターネット社会のこんな時代であるにも関わらず、サラリーマンの仕事につきものなのが電話応対です。

私自身は電話応対がものすごく苦手です。

会社を退職する理由の一つになるくらい嫌いです。

実は同じように考えている人って結構いるのではないでしょうか?

そんな電話応対が苦手な人の原因を考えてみましょう。

根本的な解決案は電話応対の無い仕事に就くことです。

スポンサーリンク

電話応対に苦手意識を持つ原因や理由

主に次に上げたようなことが原因だったりします。

 

(1)自分の電話のやり取りをまわりの人に見られているのが気になる。それで緊張感が増す。

私の周辺で電話応対をしている人がいたら、気付かないフリをして何となく聞き耳を立ててしまいます。

同じように私が電話応対をしていたら、きっとまわりの人達も作業をしながら、それとなく聞き耳を立てていると思います。

そう思ってしまうと自然と緊張感が増していき、ただでさえヘタクソな電話応対がますます上手に対応出来なくなります。

 

(2)仕事に集中しているときに電話を受けても内容が入ってこなくて応対出来ない。

一生懸命パソコンに向かって作業をしているときに、突然電話の着信音が鳴っても、頭の切り替えが出来ないです。

そして受話器を取って対応をしても、話の内容は入ってこなくて、その場しのぎの返事をしてしまいます。

その結果、電話が終わった後、何の問い合わせだったのかほとんど覚えていないということがおこります。

 

(3)考えなから対応しているため、時間がかかって焦ってしまい他の作業が出来ない。

電話応対しながらメモをとるなど、並行して別々の作業を行うことは非常に難しい事だと思います。

もちろん、そういった事ができるマルチタスクな人もいるでしょうが、全ての人が出来るわけではありません。

電話応対の対策案はあるが解決するとは限らない!

電話応対が苦手な人の対策として次のようなものが考えられます。

(1)電話応対が上手な人のマネをする

(2)電話応対の手順やマニュアルを作り覚える

(3)普段からコミュニケーションをとり、緊張感を克服し印象良く話す

(4)電話応対の場数をこなして慣れる

 

しかし、これらの対策で本当に解決するでしょうか?

むしろ、ますます苦手意識が増して「電話応対をしたくない!」となり、ヘタをすると出社拒否をしてしまうということになりかねません!

もちろん、これらの対策で克服できる人はいるでしょう。

ですが、人によっては反対に最悪の結果が訪れる可能性もあるということです。

ちなみに私はこれらの対策では、電話応対の苦手克服はできませんでした。

電話応対が苦手な人のための根本的な解決案

じゃあ、どうすれば苦手な電話応対を解決できるのでしょうか。

そもそも、電話応対の無い仕事に従事すれば良いのです!

もう短絡的な考え方ですが、これが一番確実な解決方法です。

会社の面接を受ける際に、電話応対の仕事があるのかを事前に確認しておくと良いでしょう。

最近では、問い合わせは全てメールで対応するといった職場もあると思います。

また、私の働いている職場では、正社員が携帯電話で連絡をしたり、問い合わせ窓口のようになっています。

倉庫で作業をしている契約社員は電話応対自体がありません。

せいぜい正社員に遅刻や休みの連絡をするくらいです。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

電話応対に馴れるのには時間がかかるし、とても難しいと思います。

自分に合った解決方法を考えて、実行してみましょう。

スポンサーリンク

コメント