エアコン使用時の暖房の設定温度は20度で良い「もう2つの別の対策」

エアコン使用時の暖房の設定温度は20度で良い「もう2つの別の対策」

暑い夏の季節や寒い冬の季節には、エアコンが欠かせません!

しかし、エアコンを使ってしまうと光熱費がかかってしまうのは、紛れもない事実です。

今回は、そんな中でも暖房を使用している時の節約対策を考えてみたいと思います。

また、自分なりの「もう2つの別の対策」も記載します。

スポンサーリンク

エアコン暖房の設定温度を20度にしても部屋の温度が低い理由

寒い冬にエアコン暖房の設定温度を20度にしていても、実際の室温がなかなか20度になっていないように感じて寒いという人もいるのではないでしょうか?

主に次のような理由があげられます。


・暖かい風が部屋の上のほうに向かっている

暖かい空気は軽く室内では上のほうに溜まるようです。

 

・部屋の空気が循環されていない

上記同様、暖かい空気が上のほうに溜まることから、部屋の空気がまんべんなく循環されていないようです。

 

・窓のスキマから外の冷たい空気が入り込んでいる

窓の断熱の性能があまり良くなくて、窓から外の冷たい空気が室内に入り込んでいるようです。

 

・室内が乾燥している

部屋の空気が乾燥していることも、部屋の温度が低い原因としてあるようです。


 

冬に部屋の温度が低くても、部屋を少しでも暖かくする対策

少しでも部屋を暖かくしたければ、次のような対策をしてみると良いです。


・エアコン暖房の風向きを下のほうにする

エアコン暖房の風向きを下のほうにすれば、暖かい空気が部屋の下に流れてくるので暖かくなってくるようです。

 

・サーキュレーターを使用する

サーキュレーターを使用して部屋の上のほうに溜まっている暖かい空気を、下のほうに循環させると部屋が暖かくなってきます。

 

・断熱シートを使用する

部屋の窓に断熱シートを貼り付けて、外からの冷たい空気を入り込まないようにすると良いようです。

 

・加湿器を使用する

加湿器を使用することで、部屋の空気の乾燥を防ぎ寒さを感じにくくなります。


 

エアコン暖房の設定温度が20度でも部屋が暖かくならない場合の「もう2つの別の対策」

上記のような対策を実施してみても、なかなか部屋が暖かくならないという人もいるのではないでしょうか?

私の場合、次のような「もう2つの別の対策」を実行しています。


・服を重ね着して自分自身を暖める

そもそも1人暮らしなので、部屋が寒くても「自分自身」が暖かければ、特に問題はありません!

1人暮らしなのだから、部屋で重ね着をして上からジャンパーを着込んでも、誰にも咎められることはありません!

 

・ふとんから出ない

1人暮らしの部屋には「自分自身」以外の人はいません。

特に用事などが無いのであれば、一日中ふとんの中にくるまっていても、特に問題ありません!


 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

1人暮らしの部屋で暖房を使用する場合は、誰にも迷惑をかけないので、「もう2つの別の対策」のやり方で設定温度を下げても良いと思います。

とは言え、実際に行う場合は体調を崩さないように自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

コメント