ナスネ(nasne)の代わりは?ノートPCでテレビを映す手順_その2導入編

ナスネの代わりは?32型テレビを断捨離してノートPCでテレビを見れるようにする!_その2導入編

さて、前回のブログ記事で「ノートPCでテレビを見るようにする」ことを調べていきました。

今回は実際に購入した「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」について見ていきたいと思います!

また、あわせて購入したポータブルハードディスクも見ていきます。


【関連記事】【ナスネ(nasne)の代わりは?ノートPCでテレビを映す手順】

>>【その1調査編】はこちら

>>【その3表示編】はこちら

【関連記事】【HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順】

>>【その1調査編】はこちら

>>【その2導入編】はこちら

スポンサーリンク

「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」の箱と内容物

今回の「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」とハードディスクはヨドバシカメラで購入しました。

それなりの大きさの黒い箱でした。

箱には「ワイヤレスでどこでもテレビ」とキャッチコピー的なものが書いています。

>>「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」はこちら

「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」の箱
「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」の箱

箱の中身は下記のものが入っていました。


【サイト エアーボックス(Xit AirBox)の中身】

  • サイト エアーボックス(Xit AirBox)本体
  • B-CASカード
  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • LANケーブル
  • セットアップガイド
  • B-CASカードの使用許諾契約書
「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」本体の側面と正面から見たところ1
「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」本体の側面と正面から見たところ2
「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」本体の側面と正面から見たところ
B-CASカード
B-CASカード
ACアダプター
ACアダプター
電源ケーブル
電源ケーブル
LANケーブル
LANケーブル
セットアップガイド
セットアップガイド
B-CASカードの使用許諾契約書
B-CASカードの使用許諾契約書

テレビのアンテナケーブルは付属していないので、別途準備する必要があります。

とはいえ、これまで使っていたテレビのものがあるのでその辺は問題ないですよね~。

ポータブルハードディスク「WD Elements SE」の箱と内容物 

そして、ポータブルハードディスクの中身も見ていきます。

これはテレビ番組の録画で必要になります。

とりあえず、よくある容量の2TBのものを買いました。

>>ポータブルHDD「WD Elements SE 2TB」はこちら

「WD Elements SE」の箱
「WD Elements SE」の箱

中身は下記のものが入っていました。


【「WD Elements SE」の中身】

  • WD Elements SE本体
  • USB3.0ケーブル
  • 取扱説明書
「WD Elements SE」本体
「WD Elements SE」本体
USB3.0ケーブル
USB3.0ケーブル
取扱説明書
取扱説明書

ポータブルハードディスクはバスパワーなので中身もすごくシンプルですね。

取扱説明書は英語で書かれていてさっぱり分かりません。

まあ、特に見ることもないので問題ありません。

「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」にケーブル類などを接続する

まずはサイト エアーボックス(Xit AirBox)本体にB-CASカードを挿しこみます。

ただカードを奥まで挿入するだけです。

これは地デジのテレビでもありましたよね。

B-CASカードを奥まで挿しこむ1
B-CASカードを奥まで挿しこむ2
B-CASカードを奥まで挿しこむ

次はアンテナケーブルを接続します。

よく覚えていませんが、F型のケーブルってやつでしたっけ?

テレビの背面の接続と同じ感じですね~。

接続したアンテナケーブルの先は部屋のアンテナ端子に接続します。

アンテナケーブルを接続する
アンテナケーブルを接続する

そして、USB端子にポータブルハードディスクを接続します。

バスパワーなのでハードディスクに電源ケーブルはありません。

これも楽チンですね~。

ポータブルハードディスクを接続する
ポータブルハードディスクを接続する

LANケーブルを接続しました。

LANケーブルはUSB端子のとなりにあります。

接続したLANケーブルの先はWi-Fiルーターに接続します。

LANケーブルを接続する
LANケーブルを接続する

最後にACアダプター、電源ケーブルを接続します。

アンテナ端子の下のほうに電源の端子がありますよ。

電源はコンセントに挿しましょう。

ACアダプターと電源ケーブルを接続する
ACアダプターと電源ケーブルを接続する

ちなみに自分の部屋の場合はフレッツ光の「フレッツテレビ」を契約しています。

使用しているOMUはWi-Fiと一体型の「PR-500KI」です。

なので、アンテナケーブルとLANケーブルはこのOMUに接続することになります!

フレッツテレビなのでアンテナケーブルとLANケーブルはこのOMUに接続する
フレッツテレビなのでアンテナケーブルとLANケーブルはこのOMUに接続する

ポータブルハードディスクと余分に長いケーブルはケーブルボックスにぶっこんでおきます。

ケーブルボックスに余分なケーブルとポータブルハードディスクを入れる
ケーブルボックスに余分なケーブルとポータブルハードディスクを入れる

サイト エアーボックス(Xit AirBox)とOMUの「PR-500KI」をそれっぽく並べて設置しました。

2つとも縦置きの装置なので、そんなに場所を取らなくてスッキリしています。

2つの装置を縦置きして並べる
2つの装置を縦置きして並べる

ちなみにサイト エアーボックス(Xit AirBox)本体に電源ボタンは無かったです。

電源ケーブルをコンセントに接続したらランプが付きました。

これで「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」の物理的な接続は完成です。

すごく簡単でしたね!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

次回はノートPCやスマホ、タブレットで実際に「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」のアプリの設定やテレビの表示を行っていきます。

それが出来ればノートPCでテレビが見ることができますよ!!

>>「サイト エアーボックス(Xit AirBox)」はこちら

>>ポータブルHDD「WD Elements SE 2TB」はこちら


【関連記事】【ナスネ(nasne)の代わりは?ノートPCでテレビを映す手順】

>>【その1調査編】はこちら

>>【その3表示編】はこちら

【関連記事】【HDMIキャプチャでノートPCにニンテンドースイッチのゲーム画面を表示する手順】

>>【その1調査編】はこちら

>>【その2導入編】はこちら

 
スポンサーリンク

コメント