ファミコンでもあった!コース作りができるエディット機能が付いたゲームソフト!

ファミコンでもあった!エディット機能が付いたゲームソフト!

ニンテンドースイッチで「スーパーマリオメーカー2」が発売されました。

(公式サイトはコチラ

私はこのような「作って遊ぶ」ゲームが好きだったりします。

かつて、私が人生で一番プレイしたファミコンでもコース作りができるエディット機能の付いたゲームソフトがありました!

今回は「作って遊ぶ」をテーマにファミコンのソフトを紹介したいと思います。

「ニンテンドースイッチ オンライン」で今回紹介するファミコンのタイトルのゲームがプレイできるものもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

「作って遊ぶ」ことができるエディット機能が付いたゲームの魅力

やはり自分でオリジナルのステージを作って、そのステージをプレイするのがエディット機能の付いたゲームの魅力だと思います!

例えば「スーパーマリオメーカー」の場合、自分だけの「スーパーマリオ」ができる!

この「自分だけの」という部分が嬉しくて、本当に夢のようです!

コース作りができるエディット機能が付いたファミコンのゲームソフトはこれ!

調べてみたところ、次のようなソフトがありました!

 

・ロードランナー

主人公キャラのランナーを操作して、敵のキャラに捕まらないようにステージ内にある金塊を全て回収するアクションパズルゲームです。

レンガやブロック、ハシゴ、金塊などを配置してステージを作ることができます。

作ったコースはファミリーベーシックとデータレコーダを使用して、カセットテープに保存することができたようです。

 

・ナッツ&ミルク

固定画面のアクションパズルです。

主人公キャラのミルクを操作して恋人のいるところまで向かうのか目的です。

エディット機能で壁や土管、ロープなどを配置してステージを作ることができます。

ステージは一面として登録されますが、リセットボタンを押すか、電源を切ると消えたと思います。

 

・バトルシティー

自機のタンクを操作して敵のタンクを破壊していく固定画面のシューティングゲームです。

2人同時プレイもできます!

エディット機能のことを「マップコンストラクションモード」というらしいです。

森やレンガ、川などを配置してステージを作ることができます。

ただし保存はできないようです・・・。

 

・エキサイトバイク

サイドビュー(横視点)でバイクを操作するレースゲームです。

いろんな障害物をアクセルとターボ、ウィリー走行などを駆使してコースを走破します。

「デザインモード」というものがあり、ジャンプ台や障害物を配置してコースを作ることができます。

作ったコースはファミリーベーシックとデータレコーダを使用して、カセットテープに保存することができました。

(ディスクシステム版の「VSエキサイトバイク」はそのまま作成したステージが保存できたようです。)

 

・レッキングクルー

ステージ内の壁をハンマーですべて壊していくアクションパズルゲームです。

このゲーム内でのマリオの職業は「ビルの解体屋」だそうです。

ロボットのような敵のキャラやブラッキーというライバルのようなキャラも登場します。 

「デザインモード」で壁やドラム缶、ダイナマイトなどを配置してステージを作ることができます。

このソフトもエキサイトバイクと同様にファミリーベーシックとデータレコーダを使用してステージを保存できたようです。

(ディスクシステム版はそのまま作成したステージが保存できたようです。)

 

・マッハライダー

近未来が舞台となっているフロントビューのバイクレースのゲームです。

ライダーを操作して、妨害してくる敵のバギーを避けたり、マシンガンで攻撃したりします。

エディット機能でコースを作ることができます。

このソフトもファミリーベーシックとデータレコーダでコースを保存できたようです。

 

・涙の倉庫番スペシャル

荷物を押して決まった位置に運ぶパズルゲームです。

いろんな機種に移植されている有名なゲームです。

ファミコンではディスクシステムで発売されていました。

エディット機能で壁や荷物を配置して、ステージを作ることができます。

しかも全部で30ステージ作ることができます。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

今遊んでみても色褪せない、どれも面白いゲームです。

プレイしたことがなければ、是非とも機会があれば「バーチャルコンソール」「ニンテンドースイッチ オンライン」などで一度プレイしてみてください!

スポンサーリンク

コメント