その12~スノーリゾートに移動、雪合戦を楽しむ!~ニンテンドースイッチ「ゴーバケーション」プレイ日記【感想・レビュー】

その12~スノーリゾートに移動、雪合戦を楽しむ!~ニンテンドースイッチ「ゴーバケーション」プレイ日記

12回目のニンテンドースイッチ「ゴーバケーション」プレイ日記です。

今回はスノーリゾートに行って遊びたいと思います。

遊ぶアクティビティは「雪合戦」です。

雪合戦をアクティビティと呼ぶのか若干疑問ではありますが・・・。

とりあえずプレイしていきましょう!


【この記事の内容】

ニンテンドースイッチのゲームソフト「ゴーバケーション」のスノーリゾートのアクティビティ「雪合戦」の概要を知ることができます。


スポンサーリンク

「スノーリゾート」を選んで遊ぶ!

タイトル画面からゲームを開始していきます。

「リゾートをえらぶ」画面で、今回から「スノーリゾート」も選べるようになりました。

スノーリゾートを選ぶ
スノーリゾートを選ぶ

というわけで、今回はスノーリゾートに舞台を移して遊んでいきたいと思います!

スノーリゾートのオープニングの景色
スノーリゾートのオープニングの景色

受付のおねえさんからスノーリゾートに関する簡単な説明をされました。

スノーリゾートの説明を受ける1
スノーリゾートの説明を受ける2
スノーリゾートの説明を受ける

そして、最初のアクティビティが「雪合戦」だと教えてもらいました。

最初のアクティビティは「雪合戦」
最初のアクティビティは「雪合戦」

スキーで移動する!

スノーリゾートの移動画面になりました。

スノーリゾートでは自分のアバターがスキーウェアを着ていますね~。

スキーで移動
スキーで移動

雪景色も非常にキレイです!

基本的な移動操作はそんなに違いは無いと思っていたのですが、スキーに関しては若干操作しにくく感じます。

地面が上り坂になるとスキーが滑れなくなって、カニ歩きで坂を上っている感じになります。

逆に下り坂だと滑りやすいです。

つまり、地形の状態によって上手く操作する必要がありそうですね~。

あとはリフトなどを上手く利用することが操作のコツになりそうです。

雪合戦のアイコンの近くまで到着する!1
雪合戦のアイコンの近くまで到着する!2
雪合戦のアイコンの近くまで到着する!

ひとまず、目的地の雪合戦のアイコンの近くまで来ました。

スポンサーリンク

雪合戦にチャレンジする!

近くにいた少年に話しかけました。

少年に話しかける
少年に話しかける

「ガンガン前にでて、雪だまを当ててたんだけど・・・」と雪合戦の楽しさを話してくれました。

そして、操作説明の画面になりました。

操作説明の画面
操作説明の画面

Bボタンで雪玉を作って、Aボタンで雪玉を投げるみたいです。

ちなみにアナログキーで移動もできるようですね~。

オープニングが始まって、少しするとゲームがスタートしました!

雪合戦のオープニング
雪合戦のオープニング

Aボタンで雪玉を投げると、自分の雪玉のゲージが減っていってBボタン連打でゲージが増えます。

雪玉を当てると相手のハートが減りました。

雪合戦で遊んでいつの間にか終了する1
雪合戦で遊んでいつの間にか終了する2
雪合戦で遊んでいつの間にか終了する3
雪合戦で遊んでいつの間にか終了する4
雪合戦で遊んでいつの間にか終了する

しばらくすると、相手プレイヤーが雪だるまのようになってゲームが終了しました。

結果の画面になって「1」と表示されました。

結果の画面
結果の画面

おそらく1番になったということなのでしょう。

ちょっと良く分からない状態で勝ってしまったような感じです。

まあ、楽しめたので「良し」としましょう。

そして、「やめる」を選びました。

少年が「またいつでもあそびにきてくれよな~!」と言ってくれました。

少年と会話する
少年と会話する

スタンプラリーの画面に代わって、雪合戦のアイコンが追加されました。

スタンプラリーの画面
スタンプラリーの画面

スノーリゾートでは初めてのスタンプになりますね~。

そして、画面が代わって受付のおねえさんから次のアクティビティは「犬ぞり」だと教えてもらいました。

7番リフトに乗ってすぐとのことです。

次のアクティビティは「犬ぞり」
次のアクティビティは「犬ぞり」

その12~スノーリゾートに移動、雪合戦を楽しむ!~ニンテンドースイッチ「ゴーバケーション」プレイ日記のまとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

今回は初のスノーゾートの移動と雪合戦を遊んでみました。

次回は犬ぞりにチャレンジして遊んでみたいと思います。

【その13~ニンテンドースイッチ「ゴーバケーション」プレイ日記】に続く・・・。


スポンサーリンク

コメント